日本語学校で教師として働きたい!

日本語学校で、外国人の人たちに正しい日本語を教えたい。

日本語教師として働くには、国家資格などといった教員免許は必要ありません。
しかし、日本語教師を募集している日本語学校では、ほとんどが四年制大学で日本語を専攻していること、または日本語教育能力検定試験に合格していることや日本語教師養成講座終了などを基準として設けています。

ボランティアなどで教師としての経験がない方は、まず講座を受けて日本語教授に関する基礎から上級までをしっかりと学び、検定試験に合格することでスムーズな就職活動を行う事ができます。日本語教師になるための講座を受けるには、独学で勉強するか専門学校に行くという方法があります。


どちらの方法にしても、最終的には検定試験に合格することが目的となるので、試験内容に備えた勉強をしなくてはなりません。

日本語学校関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

独学で勉強する場合は、通信教育を受けるという方法もあります。


空いた時間に勉強ができるので、現在働いている方や学生の方、子育て中の主婦の方など、どなたでもいつでも気軽に始める事が可能です。



検定試験や養成講座ではとても充実した内容で、日本語教師になるための教授法を学べます。



日本語の基礎知識から、教授法の基礎、日本語の歴史や外国語との違いなど言語学についての深い知識を実践力を養う事が出来る様にカリキュラムが組まれています。

外国人留学生が増加している現在、日本語学校では知識の豊富な日本語教師を求めています。正しい日本語の知識と教授法を身につけて、質の高い日本語教師を目指しましょう。